私の作品ですー戸田 香恵ー

ヨーロッパの人形

**ひとこと**(2000/5/22)
この個展は、常設展示室イギリス8番の人形用ドレスを見て、「人形に着せたい」
との感想を海さんに送ったことから、開かせて頂くことになりました。
今度は、自分で刺繍をしたドレスを作って着せたいです。
ご感想をメールでお聞かせ下さい。

春









夏


秋








冬


白のイメージ





白-3



白-2
白のイメージ


白のイメージ



白-1



お人形の顔の作り方
顔のアップ
人形の顔の作り方は説明すると長くなりますが、次のとおりです。
自分で作った実物大の型紙に合わせ発泡スチロールを切ったり
削ったりして大体の顔の形を作る。
桐粉、フォルモ(白い粘土状のもので乾燥すると固くなる)、糊、ボンドを
練り合わせたものを顔型に盛ったり削ったりして整えていく。
完全に乾燥したら紙やすりで磨く。
以下磨く前は完全乾燥。中の発泡スチロールをぬく。ガラスの目を入れる。
ここにも多くの工程があるが省略。
まぶたをつくる。磨く。 胡粉を10―15回塗る。最後の磨きを丁寧に行う。
胡粉に絵の具を入れるか、リキテックス(アクりル絵の具)で肌色を作り、
自分の思いどおりの肌色になるまでむらなく・うすく10―15回塗り重ねる。
絵の具で眉毛を描き、唇を塗り、ほほ紅をつけます。
まつげは、化粧ブラシを短く切ったものを 一本一本ボンドではりつけます。
白の1のまつげはアンチックドールのように絵の具で描いています。
髪の毛は夏の作品はすが糸を染めて貼り付けました。
他は自分で決めた髪形とおりのかつらを注文して作ってもらいかぶせます。
以上で完成です。時間のかかる作業です。
お人形の洋服
白の1の人形のドレスは、若いとき使っていた和装用レースのショールを 利用しました。
「冬」の人形のセーター、マフラー、ベレー帽は人間用のマフラーで 作りました。
人形のイメージに合った衣装の布を探すのには苦労します。
小さな体に沿う 柔らかなものでなければならないし、模様の場合も気に入った小さな柄のものを
探しまわります。 顔作り、衣装の布探しには苦心しますが、それがまた楽しみでもあるのです。



[エントランス] [手芸展示室入口]
inserted by FC2 system